ごみが出ないテイクアウト×スチール素材

実際、ごみが出ないテイクアウト体験や、使い捨てのテイクアウト体験

そして、カフェオーナーの方のリアルなご意見を伺ってみて・・・


気づいたことを、プロジェクトメンバーで出し合いました


観光客目線・地元目線、そしてお店目線での気づきがたくさん生まれました。

テイクアウトと一言で言っても、


「持ち運びやすさ」

「美味しさ」

「捨てる/返却」

「心地よい体験」


などいろいろなシーンがあるものです。


そんな風に鎌倉で、リアルに体験したり、実際地域の方の声を直接聞くことで、スチールの専門家である、JFEスチールの皆さまは、自分たちの技術でどう地域に貢献できるのか、数字上のSDGsではなく、真の意味でサステナブルの<現実解>を一生懸命生み出そうとしている姿が印象的でした。




閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示